記事一覧

意外と知らない下着の常識!薄手ワンピース着用時の落とし穴「段差」と「透け」にご注意を

一枚でコーディネートが完結するワンピースは、夏になると出番が多くなるアイテム。ただ、柔らかいカットソー素材や少し細めのシルエットのワンピースはボディラインを拾いやすく、素材によっては下着の透け具合も気になるところです。とくに大人の女性が気をつけたいのが背中やウエストまわりの「段差」。では、どんな下着を選べば「段差」が防げるのか?さらに透け防止に役立つのはどんな下着か?下着のプロである川原好恵さんに教えていただきます。ワンピースはもちろんのこと、知っておけば夏のおしゃれ全般に役立つ下着選びのアドバイスです。

さらりと一枚纏うだけでコーディネートが完結するワンピース。合わせるアクセサリーや靴次第でオンにもオフにも通用するワンピースは、着回しアイテムとしても優秀です。ただ、これからの季節に登場することの多い柔らかいカットソー素材や、少し細めのシルエットのワンピースはボディラインを拾いやすいので要注意。素材によっては下着の透け具合も気になるところです。

それでは、ワンピースを美しく着こなすために用意しておくべき下着とは何か?下着のプロである川原好恵さんに教えていただきましょう。


ワンピースを美しくスマートに着こなすには、「段差ゼロ」と「透け防止」の徹底を!

图片描述

大人の女性がワンピースを着るときに一番気をつけたいのが「段差」です。「このワンピースは細身じゃないし…」という油断が実は失敗のもと。ボディラインがくっきり出るほどのシルエットではなくても、柔らかいカットソー素材などはボディラインが出やすいので注意しましょう。

とくに気をつけたいのが後ろ姿。背中のブラジャーの食い込みや腰まわりのショーツの食い込みは、手を前に伸ばしたり前にかがんだりしたときに出やすく、自分では気付きにくいので注意が必要です。

さらに、大人の女性としてあってはならないのが、下着が透けること。薄手の素材のワンピースは、家の鏡の前ではOKでも太陽の光の下では、股下から太もものラインがくっきり浮かび上がったり、ショーツが透けてしまったりすることも。

美しくワンピースを着こなすのはもちろんのこと、大人の女性のマナーとしても「段差」と「下着の透け」は防ぎましょう。

ワンピースを美しく着こなすための3大下着とは?

图片描述

ワンピースを美しく着こなすために用意しておきたい下着は次の3つ。もちろん、ワンピースの着用時以外にも活躍する優秀アイテムです。

■1:“段差ゼロ”を叶えるのは、ブラジャーからショーツまで一体型の「ボディスーツ」

图片描述

最も気をつけたいのは、ブラジャーのバックベルトやショーツのウエストゴムが食い込んでできる段差。段差が目立つと後ろ姿に一気に老け感が出てしまうので細心の注意を払いたいものです。それらを抑えるにはブラジャーからショーツまで一体型のボディスーツがいちばん!

ボディスーツと聞くと、窮屈な補整下着をイメージする方がいらっしゃるかもしれませんが、最近は伸縮性に優れた素材を使った、楽な着心地でおしゃれなボディスーツが増えています。ぜひチャレンジしてみてください。

■2:“腰まわりの段差防止”なら「ゴムなしショーツ」を用意して

图片描述

お腹まわりのおニクが気になる、ショーツラインが出ないか心配、そんなときはゴムを使っていないショーツがあれば安心です。ウエストのゴムがきついショーツや小さめのショーツをはくと、ウエストゴムの上に“浮き輪ニク”ができやすいので十分注意しましょう。

素材は端が切りっぱなしのようになっている生地でもいいですし、凹凸感の少ないレースもおすすめ。色は少し濃いめのベージュなら透ける心配もありません。

■3:“透け防止”に大活躍、一枚あれば重宝する「ベージュのキュロットペチコート」

图片描述

太もものシルエットが透けて見えたり、ショーツラインがひびいたりするのを防いでくれるのがペチコート。ペチコートにはスカートタイプとキュロットタイプがありますが、おすすめしたいのはキュロットペチコート。

ボトムのデザインにもよりますが、キュロットタイプだとガウチョパンツやワイドパンツのときにも使えて重宝します。丈はブランドによって様々なので、着用するワンピースやスカートの丈に合わせて選びましょう。